2016年10月07日

労働問題は弁護士に相談を

労働問題と言っても様々な種類があります。例えば、残業時間、給与、ボーナス、休日、仕事の内容、有給休暇など契約内容と違う事です。残業しても残業手当が支払われない、残業時間の多さ、給与の支払いがない、ボーナス支給の契約が支払いがない、休日出勤で休みがない、契約の仕事内容と違う、不当な転勤や異動、有給休暇がないなど沢山の問題が発生します。

会社や上司に相談しても聞き入れてもらえない場合には、労働基準監督署に相談したりします。労働基準監督署に相談しても解決しない事もあります。労働問題が発生して解決できず、仕事を辞める方も多いです。ほとんどの方が泣き寝入りするケースが多いです。しかし、相談するところはあります。不当な労働ですと精神的にも体にも異変が起こり、病気になります。労働問題がひどく解決できない時は、弁護士に相談しましょう。

アドバイスを受けたり、解決に向けて動いてくれます。解決しても職場を辞める事もありますので覚悟は必要です。労働基準監督署に相談して、会社や職場に観察や経営者や上司と話し合われても解決しない事も多いです。

弁護士に相談されて解決すると心も落ち着きます。また、他の方に不当な労働をさせない為にも解決する事が良いです。沢山の弁護士事務所があります。労働問題に詳しい弁護士に依頼する事が良いでしょう。

得意分野があります。調べて依頼されて解決されると良いです。これからの事や不安や心配がない生活をする為にも良いでしょう。