2015年01月30日

みなし残業制度とは

みなし残業の制度を利用する事で、例えば20時間までの残業代を予め支払う計算として実際には12時間程であっても、20時間は支払いますよと言った制度であり、逆に20時間を越えた部分に関してはその分を支払うと言った方法で、特に残業の多い人に対して行う制度となります。

実際にこの制度を導入している会社にとっては、予め大目の残業代を支給する事となっている為問題にはならず、オーバーした部分だけが請求の対象となります。残業の問題に関しては、労働監督署としても色々な企業に対して指導を行っていて、それに基づいて給与の支給を働いた部分をキッチリと支払う事となります。それに関して考えてみてもやはりみなし残業の多い企業では、支払が行われていない例も多く、従業員が泣き寝入りをしているケースも多い様です。

そう言った実態のある中で、企業側の取り組みとしてもこの制度を取り入れる事となれば、速やかな取引を行える流れとなり、問題無く労働出来る事となります。みなし残業の制度で、残業の超過部分を支払われないケースとなれば、それは問題でありそれこそブラック企業と呼ばれる実態の企業となります。

その事で、行政の方としてもしっかりと指導を行い、もっと働きやすい環境で従業員の残業に関する権利を見ていく事となれば、これからの環境的に見ても企業も行政の目が光っている状況では、やはりこのみない残業の制度通りの支払を行っていく方向で間違いありません。残業代に関しても対価を得る事で納得出来る事となります。